Loading . . .

Hello World

Welcome to WordPress. This is your first post. Edit or delete it, then start writing!

海外ユーザーから見た飛田新地の感想紹介

大阪の歓楽街

大阪の歓楽街は1900年代初頭に出現し、売春が禁止されているにもかかわらず、日本西部で最大の娯楽エリアになりました。
飛田遊廓を訪ねるのは、すごい場所ですが本物で、まるで過去を散歩するようなものです。

日本では1958年から売春が正式に禁止されていますが、歓楽街で行われている活動は明白です。

隣同士に並んだ古い売春宿は、正式に「日本食レストラン」(料亭)に改築された可能性があり、女性は「ウェイトレス」と宣言しましたが、これらの企業の多くは、本来の活動を隠すためにほとんど努力していません。

したがって、1階では、ガラスの後ろに売春婦を「見せている」部屋が、明るい光の下に座っているセクシーな衣装や変装(多くの場合、女子高生の格好や看護師の格好など)で見やすくなっています。彼女の前には、通行人を勧誘する別の年上の女性が立っています。部屋のすぐ隣には2階に上がる階段があります…

 

前世紀へようこそ

住宅プロジェクト、橋梁道路、老朽化し​​た商店街に挟まれた、大阪南部の最貧地区のひとつに位置する飛田遊廓はすごい。.

しかし、その場所は、訪問する価値があるかもしれません。雰囲気はとても特別で、過去への旅を提供します。

この人気のエリアは、物件の憶測から逃れ、町のこの部分に残っている古い建物があり、大正時代(1912-1925)の雰囲気があります。もちろん、ほとんどが崩れていますが、正面を照らす古い看板や古い提灯の美しい彫刻が施された古い木造の建物がまだあります。

そのため、市町村はこの前世紀の建築に興味を持ち、2000年に大吉百番館(鯛よし百番)が文化財に指定されました。売春宿を収容するために1918年に建てられ、1970年にレストランに改装されたこの施設の21の部屋は、ほとんど元の形のままです。

ここでは、日本の建築と装飾の伝説的なシンプルさは何もありません。

 

神殿、橋、埠頭、彫刻、あふれんばかりの壁画の模造品があります…要するに、豊富な装飾と風景の変化です。

伝統的でもハイテクでもない、観光地から遠く離れた飛田遊廓はの風格は本物であり、従来の風俗街とは非常に異なる姿を提供しますが、これも一つのリアルなイメージといえます。

 

という感じで海外のユーザーさんが記述されてありました。それくらい飛田新地は有名なんですね。

とは言え、昨今はコロナの影響もあり、海外からのお客さんも減って、国内のお客さんもだいぶ減っているのではないかと思われます。

もう少しコロナが落ち着いた場合には一度行かれるのもいいかもしれません。

その際に、飛田新地 アルバイトを細かく知りたい方は、まとまった情報サイトをご覧頂くことが良いかと思います。